武蔵野線沿線エリアにおける薬剤師求人の種類と特徴

薬剤師1

東京都の府中本町駅から埼玉県南部地域を経て、千葉県の西船橋駅までを結んでいる武蔵野線。この路線は通勤通学で利用する人が多く、沿線には大きな都市が点在していることが大きな特徴です。そのため、武蔵野線沿線には薬剤師が活躍できる施設が数多く集まっています。

今回は、武蔵野線エリアにある薬剤師の求人の種類や特徴について紹介します。

合わせて読む:宇部における薬剤師求人の探し方のコツ

武蔵野線沿線について

武蔵野線とは、東京都の府中本町駅から埼玉県の南部を経て千葉県の西船橋駅までを結ぶ電車です。通過する主な自治体として、東京都では府中市や国分寺市などがあります。また、埼玉県ではさいたま市や越谷市、千葉県では松戸市や船橋市などを通過します。

この路線は通勤通学に利用する人が多く、朝晩のラッシュ時を中心に多くの人で混雑します。武蔵野線沿線には住宅地が集まっているため数多くの医療機関があり、その中には病院や調剤薬局も含まれます。さらに、ドラッグストアなどの小売店が多く、薬剤師が働ける場所がたくさん存在しています。

そのため、武蔵野線沿線には、数多くの薬剤師求人情報が寄せられています。参考サイト|薬剤師 求人 … APOPLUS 薬剤師

もし東京多摩地域や埼玉県南部、さらには千葉県西部に住んでいる人であれば、武蔵野線沿線の薬剤師求人をチェックしてみると良いです。

調剤薬局の薬剤師

薬剤師の代表的な勤務先として調剤薬局が挙げられます。全国にいる薬剤師の中には調剤薬局を就職先として選ぶ人が増えています。何故なら、医薬分業が進んだ結果、クリニックの近くに調剤薬局を出す企業が増加し、求人もたくさん出されているからです。

調剤薬局では調剤室を設けていて、そこに薬剤師が常時勤務しています。そして、医師が書いた処方箋に基づいて薬を調剤して患者に交付します。もちろん、ただ薬を渡すのではなく、服薬指導をして患者が正しく薬が飲めるようにアドバイスしなければなりません。

また服薬指導する対象者は、処方箋を持ってきた患者とは限らないのです。OTCや健康食品を購入した人や在宅患者を相手にすることもあるため、対象者は多岐に広がっています。つまり調剤薬局で働く薬剤師が行う服薬指導は、生活全般に関する医薬品を適正に使ってもらうために、生活者に対して指導やアドバイスを送ることなのです。

調剤薬局の薬剤師は地域に密着した医薬品のプロフェッショナルです。ところで調剤薬局勤務時の年収は地域によって幅があり、平均して350~600万円程度といわれています。薬剤師が不足している過疎地域で年収は高めになる傾向があり、逆に都市部は薬剤師が多いので年収はやや低い傾向です。

また、調剤薬局には全国に展開する大手チェーンと地域密着型の中小規模企業とに分類できます。中小規模の調剤薬局の方が新卒時の年収は高めですが、年次を重ねるごとに頭打ちとなる傾向です。一方、大手チェーンでは新卒時の年収は低めですが、エリア長などに昇進すると年収700万円などの高収入が望めるといわれています。

武蔵野線沿線にも、大手チェーンから中小規模の調剤薬局まで様々な求人が出されているので、条件を比較チェックしてみると良いです。

病院の薬剤師

薬剤師の中には病院に就職する人もたくさんいます。病院薬剤師は、入院中の患者が安全で有効的に薬物治療が行われるように、病棟活動に取り組んでいます。調剤する薬も内服や外用剤だけではなく、注射剤もあるので非常に幅広い薬剤を扱えるといった特徴があります。

さらに医師や看護師、他職種と連携をとりつつ、医療チームの一員として専門的な貢献を果たさなければなりません。病院薬剤師は医薬品に関するさまざまな情報を集め整理しています。整理した情報を医師や看護師、他職種に提供するというDI(Drug Infomation)業務も重要です。

さらに、薬剤師としての専門性を十分に活用する目的で、薬剤業務にとどまらない各種委員会活動へ参加しています。このように病院薬剤師は、チーム医療の一員として患者の健康管理だけでなく、他の医療スタッフとの連携も行っているので非常にやりがいがあるのです。

ところで、病院薬剤師の年収は平均400~650万円程度といわれています。ただし、病院薬剤師の年収は所属する病院の経営状態にも左右されます。

経営状態が思わしくない病院も少なくなく、病院薬剤師の収入はなかなか伸びないようです。また、一口に病院といっても病床数が100床程度の小規模のところから、大学病院など規模の大きなところまで様々です。大きな病院は就職先としても人気があるので求人は少ないですが、小規模病院では薬剤師の人手不足に悩んでいるところが多いです。

そのため、常に求人を出している医療機関が少なくありません。そのような病院では薬剤師の高齢化が進んでいるところもあり、若手の薬剤師を欲しがっている病院もあります。もちろん、武蔵野線沿線にも様々な規模の病院があるので求人情報を確認してみると良いです。

ドラッグストアの薬剤師

武蔵野線沿線には数多くのドラッグストアが営業していますが、そこで働く薬剤師も多いです。ドラッグストアでは医療用の医薬品だけではなく、OTC医薬品やサプリメントなど、さまざまな商品を扱っています。そのため、医薬品だけでなく幅広い知識が必要です。

医薬品やサプリメントについて疑問や不安を持っている人は多く、利用者にとって最も身近なアドバイザーとなります。そしてドラッグストアで働く薬剤師は、レジ打ちや品出しといった業務もこなさなければなりません。体を動かす機会が多く、体力を必要とする職場です。

ところで、調剤室を併設するドラッグストアが増えてきています。そのため、ドラッグストア勤務であっても、調剤に専念できる環境になりつつあります。ドラッグストアにある調剤室の特徴としては、幅広い医療機関の処方箋を受け付ける点が挙げられます。

何故なら、調剤薬局とは異なり、門前に医療機関がないケースが多いからです。在庫管理は大変ですが、色々な医療機関の処方箋を扱えるので勉強になります。ドラッグストア勤務の年収は調剤薬局や病院に比べると高給を望める環境です。

店長クラスになれば年収700万円を超えることもあります。店長からエリアマネージャー、本部の運営など様々なキャリアプランを描けるのもドラッグストアの良いところかもしれません。武蔵野線沿線にもドラッグストアの求人は多いので、チェックしてみる価値は十分にあります。

様々な職場で働く薬剤師

薬剤師の求人先というと、調剤薬局や病院やドラッグストアを挙げる人がとても多いです。しかし、薬剤師の就職先はそれだけではなく、他の現場で活躍している人は多いです。例えば製薬企業では、研究や開発の職に就く薬剤師もいます。

研究開発職に就くのはなかなか難しいですが、営業職であるMRとして活躍する薬剤師も少なくありません。大手の製薬企業であれば不況にも強いので、安定した収入が望めます。また、医薬品卸売販売会社で働く薬剤師もいて、医療医薬品の品質管理や情報収集などが主な仕事内容です。

大手の卸売販売会社であれば、武蔵野線沿線にも数多く営業所を構えているので、就職先の選択肢の1つになります。

求人の選択肢は広いですが企業規模によって動向は変わります

武蔵野線沿線には調剤薬局をはじめとして、病院やドラッグストアなど、薬剤師の求人がたくさんあります。また、製薬企業や医薬品卸売販売業者などもあるので、就職先の選択肢は広がっています。ただしこれらの企業は、中小企業から大手企業まで規模が色々あります。

企業の規模によって年収や求人の動向が変わってくるので、やはり情報収集は欠かせません。